【最新刊】北京燃ゆ―義和団事変とモリソン

北京燃ゆ―義和団事変とモリソン
1冊

著:ウッドハウス暎子

1,782円(税込)
ポイント 17pt

通常ポイント:17pt

1900年6月、北京の列国公使館区域は義和団・清国軍によって包囲された。ロンドンタイムズ特派員モリソンの眼を通じて、守備軍の中心となり活躍する日本人の姿を描く歴史ドキュメント。

続きを読む

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/07/30Posted by ブクログ

    ウッドハウス暎子はジョージ・アーネスト・モリソン(タイムズ紙特派員/1862-1920年)の研究者である。著作はすべてモリソンに関するもので、ジャーナリストが歴史を見つめ、歴史を動かしゆく様を実証的に...

    続きを読む
  • 2007/04/25Posted by ブクログ

    19世紀最後の世界的大事件、義和団事変(1900年)。
    公使館街に閉じ込められた外交官たちとその家族は、いかにして危機を乗り切ったか?
    ロンドンタイムズ紙の北京特派員で、重要機密を何度もスッパ抜い...

    続きを読む

セーフモード