「クリエイティブ」の処方箋

著:ロッド・ジャドキンス 訳:島内哲朗

1,526円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「創造性」は選ばれた天才にしか許されないという盲信は、アート界最初のスーパースターであるミケランジェロによって出現した。「才能」はしばしば「生来の能力」と混同される。さらに「才能」と「技術」を混同しているひとも大勢いる。クリエイティブな仕事とは、いわゆるアーティストやデザイナーなどの職種だけにあてはまるものではなく、営業や経理、庶務、技術者などすべてのひとが自分なりの創造性を見つけて役立てられるものである。自分には生まれつき備わっていない、才能が無いから無理であるという思い込みは今すぐ捨てよう!古今東西からありとあらゆる“クリエイティブな思考で成功した人たち”を調べあげ、研究してきたアーティスト、ロッド・ジャドキンスによる待望の本書は、ダダイスム宣言からノーベル賞受賞経済学者、アンディ・ウォーホルのアトリエからアインシュタインの机まで網羅し、多角的な視点で創造性豊かな成功者たちの方法論を解きあかしていく。どんな仕事につく人でも、自信を持って、自らの才能に目覚め、自分のクリエイティブに気がつき、生きていくヒントが詰まっているのである。この本の目的は、創造的思考を可能にするコツを、要点を絞ってまとめること。そして、クリエイティブな人たちの思考の裏側を探り、誰にでも応用できるようにすること。さらに、クリエイティブな活動に取り組む人なら必ずぶつかる壁が、どのように乗り越えられてきたかという事例を、読者の皆さんと共有することも目的としている。クリエイティブになるためなら、「自分らしくあること」を自分に許してやらなければならない。もう別の誰かになるのに忙しくするのはやめて、自分には何が響いて、どういうことに反応するのか、じっくり検証してみよう。

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/10Posted by ブクログ

      あんまり自分の職業の役に立ちそうにないんだけど、こういう類(「アートスピリット」とか「アーティストの言葉」とかアーティストの伝記とか)の本読むのが好きで、なんとなく付箋貼ったり蛍光ペンでごりごり線引い...

      続きを読む
    • 2016/10/05Posted by ブクログ

      Only one chapter spoke to me:

      ""Take what you need"" p.195

      Other than that, I found it pretty gene...

      続きを読む
    • 2016/05/31Posted by ブクログ

      尖った人々の尖ったエピソードが満載。「まずは行動」の項ではダリがチュッパチャプスのロゴデザインをした話が、「ライバルと切磋琢磨」の項ではアディダス/プーマの兄弟の話が、「他人がどう見るかよりも内なる評...

      続きを読む
    開く

    セーフモード