性格類語辞典[ネガティブ編]

著:アンジェラ・アッカーマン 著:ベッカ・パグリッシ 訳:滝本杏奈

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    爆発的ヒット『感情類語辞典』シリーズに「性格」版が登場!「ネガティブ編」では「意地悪」「疑い深い」「臆病」といった人間の闇の部分106項目の属性を分析。小説家、脚本家、漫画家、アニメ・ゲーム作家、演出家、俳優の創作のヒントになることはもちろん、欠点が人物に与える複雑な効果に感心すること間違いなし!人物は、ポジティブな要素だけで成り立っているわけではなく、短所は長所の鏡であり、むしろネガティブな要素にこそ魅力が隠されています。不安定な心の変化や悩み、葛藤などについて理解、考察して登場人物を描写することによって、ブレのない、ひねりのきいたストーリーが生まれるのです。本書では、人間の「欠点」について考えられる要因や行動、態度、思考などを通して、キャラクターのネガティブな属性の効用を学ぶことができます。実際の文学や映画作品にみられる事例も豊富に紹介し、創作者にとってはわかりやすく、また鑑賞者にとっても登場人物に照らし合わせて楽しむことができる内容です。一見、キャラクターの暗い面に光を当てていますが、ポジティブな面も同時に認識することで、「魅力的な欠点」づくりができる仕組みになっています。出入りの激しい感情と異なり、性格は一貫して存在し続けるものであり、行動を決定づける上で大きな役割を果たします。人間の両面を知ることは物語に深みを与えるだけでなく、読者の心の奥にある、自分自身について知りたい欲求を鷲掴みにし、キャラクターに自己投影していくでしょう。読者と登場人物のあいだに絆を生み、感情移入できる魅力的なキャラクター創作のために役立つ、あらゆる「表現者」のための類語辞典です。藤子不二雄A(漫画家)推薦!飯間浩明(国語辞典編纂者、『三省堂国語辞典』編集委員)推薦!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2021/03/21

      A5サイズでそこそこの厚み。
      最初にキャラクターに欠点を持たせることで、どれほど作品に魅力が増すか書かれている。
      そして悪役(主人公が敵対する相手)の重要性、どんなキャラクターであれば深みが出るか語ら...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/02/06

      物語を生み出す人たちのためのハウツー本。2部に分かれていて1部は魅力的なキャラクターについて、心の成長における欠点の役割や治す方法など。2部はありとあらゆるネガティブな感情について解説している。ココは...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード