脱炭素マネー―週刊東洋経済eビジネス新書No.260

編:週刊東洋経済編集部

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    再生可能エネルギーの成長とデジタル化で、電力などエネルギー産業の変革は間近に迫っている。ドイツでは、脱炭素化・電源分散化・デジタル化の三つの流れに乗り遅れる電力会社は、遅かれ早かれ淘汰されるという見方が強い。注目は「ティッピングポイント」だという。ティッピングポイントとは、再エネのコストが化石燃料のコストを下回る時点のこと。再エネが爆発的に広まる臨界点だ。そして15年12月のパリ協定(温暖化対策の国際枠組み)以後、最もドラスティックに変化したのは、実は金融業界だ。脱炭素化へ向けた日本と世界のシナリオやマネーの現状をリポートする。本誌は『週刊東洋経済』2018年3月31日号掲載の27ページ分を電子化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード