ぼくは恐竜探険家!

小林快次

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。・恐竜少年あらわる/悩み続けた留学1年目/研究者としての第一歩/恐竜発見の醍醐味/これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    7
    5
    2
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/27Posted by ブクログ

      恐竜好きの浪人中の息子に連れられて、小林先生の
      講演に参加しました。その際に息子が持っていた
      本を借りてよみました。
      息子は、小林先生のことを尊敬していて
      北大に入りたいと思っていた時もあったようで。...

      続きを読む
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      はああああああ好き。

      p168
      「それよりも大切なのは、どんなことに対しても、そこに面白さを見つけられるかどうかだ」

      この一言に尽きると思う。
      読了直後であるいま、興奮冷めやらずでちょっともうこれ...

      続きを読む
    • 2018/09/19Posted by ブクログ

      小林先生が恐竜博士になったきっかけがわかる本。
      先生に勧められて、博物館の発掘ツアーに参加して、なんとなく断り切れなくて…
      そんな流され流され続けて行った恐竜研究だったけど、このままなんとなくでいいの...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001912659","price":"1100"}]

    セーフモード