恥辱

J・M・クッツェー/鴻巣 友季子

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    〔ブッカー賞受賞〕52歳の大学教授は二度の離婚を経験後、娼婦や手近な女性で自分の欲望をうまく処理してきた。だが、軽い気持ちから関係を持った女生徒に告発され辞任に追い込まれる。彼は娘の住む片田舎の農園へと転がりこむが、そこにさえ厳しい審判が待ち受けていた。ノーベル賞作家の代表作。解説/野崎歓

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード