【最新刊】でんでんむしのかなしみ

でんでんむしのかなしみ

新美南吉/鈴木靖将

1,089円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。新美南吉の秀作を、万葉画の巨匠・鈴木靖将が渾身の絵筆て描ききった!児童文学に造詣が深い美智子皇后が、1998年国際児童図書評議会での基調講演「子供時代の読書の思い出」の冒頭で、子どもの頃に読んでもらった「でんでんむしのかなしみ」が深く心に残っていると語られました。

    続きを読む
    ページ数
    28ページ
    提供開始日
    2018/07/31
    出版社
    新樹社
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    レビューコメント(9件)
    • でんでんむしのか...
      2012/04/21
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • でんでんむしのか...
      2016/12/20

      仏教かキリスト教でこのようなお話があった。
      我が子を亡くした母親を生き返らせてくれと仏陀だかキリストだかに頼んだ時、では命を亡くしてない家庭を見つけたらと言われて周り中に母親が探し回ったが、どの家も死...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • でんでんむしのか...
      2013/12/08

      著者は29歳の若さで亡くなる。
      美智子皇后が、「子供時代の読書の思い出」の講演で、子どものころに読んでもらった「でんでんむしのかなしみ」が深く心に残っていると語られたそうで、人は悲しみを背負っているも...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード