【最新刊】“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 (角川ebook nf)

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 (角川ebook nf)
1冊

著者:堀田純司

1,188円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

一点一点の作品が世界を切り拓いてきた分野、マンガ。それは、正解のない時代に心(ヴァーチャル)と市場(リアル)、二つの世界を開拓し続けてきた業界とも言える。 その“運営者”たる編集者の「頭の中身」を、ベストセラー編集者にしてマンガ原作者である著者が探る。 競う・編む・拓くの三部で構成。 「少年ジャンプ」『火の丸相撲』『僕のヒーローアカデミア』「少年マガジン」『リアルカウント』『風夏』「少年チャンピオン」『弱虫ペダル』「ヤングアニマル」『自殺島』『KAPPEI』「ヤングキングアワーズ」『蒼き鋼のアルペジオ』「モーニング」『GIANT KILLING』などを立ち上げたベストセラー編集者たち。これら少年誌、青年誌、月刊誌に加え、女性向けの「ハーレクインコミックス」からボーンデジタルの「コミックシーモア」まで。電子書籍雑誌「AiR」の仕掛け人であった著者だからこそできた、各ジャンルの若手からベテランまでを押さえた、類書なきインタビュー集!※取材対象者の所属名は取材時のものである※本書は2017年3月27日に配信を開始した単行本「“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/29Posted by ブクログ

    版権の問題なのか、ひたすら一般的定型句に落とし込んでいるのは?

    本書でいう「天才」とは、絵とストーリーの両方を創作できる人々を指す。
    その天才を売る仕事である編集者へのインタビュー本である。

    作品...

    続きを読む

セーフモード