義経幻殺録

井沢元彦

586円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    大正十年春、中国・上海。新進作家芥川龍之介は、源義経“清朝の祖”説を証明するという秘本を求め、上陸した。ロシア・ロマノフ王家の秘宝・ペテルブルグの星の行方は? 清国再興をもくろむ日本陸軍の黒幕とは? 連続殺人と歴史の謎に挑戦する芥川探偵の名推理。歴史ミステリーの俊英井沢元彦の長編力作。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/25Posted by ブクログ

      空想 妄想 ワクワク を

      これでもかっ と つめこんだ

      トンデモ歴史エンターテインメント!


      きまぐれ図書館のレビューはコチラ
      http://ameblo.jp/kimagure-library...

      続きを読む
    • 2013/02/18Posted by ブクログ

      芥川龍之介を探偵役にした第二弾。今回は明智小五郎まで出てくるサービスっぷり。内容も源義経が中国に渡り…という有名な伝説についてというてんこ盛りの一冊です。…が、内容についてはそこまで盛り上がらなかった...

      続きを読む

    セーフモード