【最新刊】最先端治療 大腸がん

最先端治療 大腸がん
1冊

国立がん研究センター中央病院 消化管内科、大腸外科、内視鏡科他 (編著)

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    大腸がんは、早期に限らず、ある程度進行したがんや、肝臓や肺へ転移したがんであっても、取り残しなく切除することができれば根治の可能性があります。こうした治療方針は、直接手術を担当する外科医だけではなく、内科医や放射線科医、病理医ら多職種のスペシャリストたちがチームとして共有し、それぞれが、患者さん一人ひとりの背景を考慮し、診療に携わります。 本書では、国がん中央病院の"チーム大腸がん"の医師らによって実際に行われている大腸がんの標準治療に加え、現在、治験・臨床試験中の検査・治療法や分子標的薬などの最新情報をていねいに解説しています。 国がん中央病院の現在、そして近未来に向けて開発が進む最先端の「大腸がん治療」がわかるこの1冊。ぜひお役立てください。

    続きを読む
    ページ数
    160ページ
    提供開始日
    2018/07/27
    出版社
    法研
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    国立がん研究センター中央病院消化管内科、大腸外科、内視鏡科 他の作品

    セーフモード