【最新刊】ソーシャルワーカーという仕事

ソーシャルワーカーという仕事

宮本節子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソーシャルワーカーは、社会の中の居場所を見失った人を、支え育てて、暮らしてゆく環境を整える仕事。困っている事情、家族関係や社会関係は多岐にわたるので、具体的な行動はさまざまですが、でも大切なことはひとつです。今後ますます必要とされるこの仕事に、ほんとうに大切なこと、教えます。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/27
    連載誌/レーベル
    ちくまプリマー新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2015/05/06Posted by ブクログ

      タイトルのとおり、ソーシャルワーカーの仕事内容を勉強したくて手に取りました。そんなに深くもない内容だろうと気軽に購入したものの・・・
      読んでみて感動。
      ただのお仕事紹介に留まらず、広く社会福祉の概念や...

      続きを読む
    • 2016/09/01Posted by ブクログ

      とても良かった。ソーシャルワーカーが大切にしなければならない理想が描かれていると思った。今後私はソーシャルワーカーを目指し、福祉に関わっていくと思うが、道に迷ってしまったときはこの本に帰ってきたい。今...

      続きを読む
    • 2013/03/09Posted by ブクログ

      理学療法士という職業柄、MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)と仕事をすることが多いので興味深く読んだ。

      この本はソーシャルワーカの仕事が網羅的に解説されている...

      続きを読む
    開く

    セーフモード