先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編

著:先崎学 著:中村太地

1,496円(税込)
ポイント 14pt

通常ポイント:14pt

購入へ進む

カゴに追加

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。先崎学・中村太地が20世紀の名勝負を語り尽くす!将棋史に残る名局を紹介、解説した本は数あれど、それだけで対局者の深い読みや心情まで読み取るのは難しいものです。そこで、プロ棋士2人にその名局を肴に自由に語り合ってもらったらどうか、というのが本書の出発点です。 その場合、2人のプロ棋士は実力はもちろん、対局者の機微を言葉で伝えられる方で、なおかつ互いに心を開いて話し合える間柄でなくてはいけません。そこで生まれたのが本書「先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編」です。 テーマとして語れるのは以下の13局です。 第1局 木村義雄名人VS大山康晴八段第2局 大山康晴名人VS加藤一二三八段第3局 升田幸三九段VS大山康晴名人第4局 中原誠十段VS大山康晴永世王将第5局 中原誠名人VS大山康晴十段第6局 森けい二七段VS内藤國雄九段第7局 米長邦雄棋王VS中原誠王位第8局 米長邦雄棋王VS大山康晴王将第9局 真部一男七段VS佐藤大五郎八段第10局 大山康晴十五世名人VS米長邦雄二冠第11局 大内延介九段VS森けい二王位第12局 先崎学五段VS村山聖五段第13局 羽生善治名人VS谷川浩司竜王それぞれ将棋史に残る名勝負であるるとともに、将棋の内容も面白いものばかり。これらを題材にお二人に語っていただくことで棋士の対局時の心情や読み筋、大局観に触れることができます。楽しく名局観賞しながら棋力アップにも全将棋ファンにオススメの一冊です。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/03Posted by ブクログ

    兄弟弟子が20世紀の13局を語る。手の細かいことはわからないが、先崎九段の語りで昔の雰囲気が伝わる。大山名人の存在のでかさがわかる。リアルタイムで観ていた谷川・羽生の名人戦第55期第6局が採り上げられ...

    続きを読む
  • 2018/07/01Posted by ブクログ

    【簡易目次】
    第1局 27歳の大山を退ける、木村義雄の底力
        木村義雄名人VS大山康晴八段

    第2局 「神武以来の天才」加藤一二三の挫折
        大山康晴名人VS加藤一二三八段

    第3局 詰みを...

    続きを読む

セーフモード