川向こうの声 第二巻 母と子の罪

著:平川博達 著:吉川宣行 著:吉野万菜

324円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

母親の愛は、たしかに偉大ですが、母親の間違った愛によって、一生涯にわたって、不孝になった「子」もかなり多いようです。捨てられた愛。身代わりの愛。形見の愛。なかには、わが子をいじめ、わが子を殺す親の愛もあります、それもしつけであった、と言う。 そういう殺人事件も後を絶ちません。 そういう間違った母親の愛の中で生きるほかない人生に、どういう生きる意味があるのか。しかも、そういう母親も高齢者になると、認知症になっています。 それでも、そういう人生にも光があるとすれば、それはどういう光か。どういう真理か。そういうことを追求したこれは小説です。参考にしてみてください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード