川向こうの声 第一巻 夫婦の罪

著:平川博達 著:吉川宣行 著:吉野万菜

270円(税込)
ポイント 2pt

通常ポイント:2pt

夫婦は他人か、それとも魂の良き伴侶か。とうぜん、それは、夫婦の下で生まれ育った子の成長によって判断できます。何とか夫婦であっても、幼児虐待をする親も多いものです。 しかしそういう親に棄てられても、その子にも魂というものがあって、再生もある、ということです。そういう、両親の虐待のなかで、目を覆いたくなるような悲劇の中で生きるほかなかった人の魂の真実を、実話を、小説を通してこの本では紹介しています。そういう試練もあるということ。耐えるほかない忍耐によって、品性が生まれるということ。そういう、最後に誰よりも輝く品性の人を紹介をしています。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード