生きる哲学としてのセックス

著:代々木忠

861円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

御年80にして現役のAV監督、代々木忠。彼は半世紀以上にわたり「女が本当にイク姿」にこだわりカメラを回してきた。その出演者には、26歳にして男性体験1008人の女性、衆前で犯されたい元総理大臣の姪など「イケない」悩みをもつ女性が多数いた。異世界の話のようだが、彼女達が抱える闇は現代を生きる我々全員に無縁ではない。不倫もセクハラも、真のオーガズムを知れば無くなるのだ。日本人よ、もっとセックスをせよ。熟年たちの精力増強に効く「性器呼吸」も収録。性に悩む全ての男女へ捧ぐ革命的一冊。

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
1
4
1
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/11/12Posted by ブクログ

    この人知らんかったけど、なかなか面白くよめた。セックスをこのようにとらえているひとは初めてみたので、とても新鮮。

  • 2018/08/12Posted by ブクログ

    「驚くべきCIAの世論操作」を買いに行って、実際に買って帰って来たのがこの本でしたが、面白くて一気に読みました!ブログ「週刊代々木忠」も読んでみよう!

  • 2018/08/11Posted by ブクログ

    ヨヨチューの言葉には独特の質感がある。言葉が浮ついておらずどっしりとしている、良く見られようという虚栄が見えない、そして批評や非難が皆無である。生き仏のような人物で、この人と同時代に生まれたことを自分...

    続きを読む

セーフモード