インジョーカー

著:深町秋生

1,382円(税込)
ポイント 13pt

通常ポイント:13pt

悪党どもに、女神の鉄槌を! 危険すぎる美人刑事、八神瑛子が帰ってきた――。シリーズ累計40万部突破、警察小説の最高峰。躊躇なく被疑者を殴り、同僚にカネを低利で貸し付けて飼いならし、暴力団や中国マフィアと手を結ぶ――。その美貌からは想像もつかない手法で数々の難事件を解決してきた警視庁上野署組織犯罪対策課の八神瑛子が、外国人技能実習生の犯罪に直面する。日本の企業で使い捨ての境遇を受けたベトナム人とネパール人が、暴力団から七千万円を奪ったのだ。だが、瑛子は夫を殺した犯人を突き止めて以来、刑事としての目標を見失っていた。そんな彼女に監察の手が伸びる。刑事生命が絶たれる危機。それでも瑛子は事件の闇を暴くことができるのか。

続きを読む

レビュー

3.6
12
5
3
4
3
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/06Posted by ブクログ

    瑛子さん強いな。
    もうひたすら強い。
    旦那の仇を打った後続くの?? って驚いたけどまだまだ悪のはびこる世の中に瑛子さんは必要なのか。
    続くのかな。

  • 2019/03/20Posted by ブクログ

    姐さんいいわあ〜。前作で旦那さんの死の真相が明らかになって『燃え尽き症候群』にでもなっているかと思いきや前作にも勝る血なまぐさ。私はなんでこんなにハマってしまっているのでしょうか?続編が出たら絶対に読...

    続きを読む
  • 2019/02/03Posted by ブクログ

    3.5 八神瑛子シリーズ。新たな展開のようで従来路線のようで。中途半端感と安定感の鬩ぎ合い的な感じ。

もっと見る

セーフモード