四十歳、未婚出産

著:垣谷美雨

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    未婚の母になったりしたら苦労するに決まってる。でも、子供を産む、最初で最後のチャンスだ。だったら……。四十歳を目の前にして思わぬ妊娠に揺れる、旅行代理店で課長代理として働く優子。お腹の子の父親は28歳のイケメン部下・水野で、恋愛関係にあるわけでないし、本人にはどうしても言えない。偏見のある田舎の母親やパワハラ上司、不妊治療に悩む同期にも、言えない。しかし、どこからか優子の妊娠の噂を聞きつけた水野とその彼女があれこれまとわりついて嗅ぎ回る。女は出産したら一人前には働けないというパワハラ上司からも意地悪をされ、四面楚歌。産むのか、産まないのか、言うのか、言わないのか。シングルマザーで仕事はどうするのか……。結論が出せずに悩む優子だったが、田舎の同級生やかつて不倫していた上司、兄のブラジル人妻、仕事と子育てを両立する同僚など、少しずつ味方が現れて、揺れながらも、気持ちは固まっていく。痛快で優しい、全ての女性への応援小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    37
    5
    9
    4
    10
    3
    14
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      シングルの出産をめぐる問題。凡庸を始め、周りはいい人ばかりのいつものハッピーエンドだが、実際はそううまくはいかないだろうという不満も残る。

    • ネタバレ
      2019/10/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      展開が気になって、ほぼ一気に読んでしまった。
      タイトル通り、40歳を目前に未婚で妊娠してしまう、主人公優子の物語。
      優子をとりまく環境や登場人物に腹が立って仕方がないが、これが日本人の本質であり今の日...

      続きを読む
    開く

    セーフモード