英語多読 すべての悩みは量が解決する!

著:繁村一義 著:酒井邦秀 著:NPO多言語多読

1,468円(税込)
ポイント 14pt

通常ポイント:14pt

購入へ進む

カゴに追加

日本人の英語の悩みをすべて解消する「多読」の最新事情と実践法が分かる本。暗記も努力も我慢も必要ナシ! 誰でもできる英語をたくさん吸収するコツを教えます。日本人に英語が苦手な人が多いのはなぜでしょう?――その理由は、英語の吸収量が圧倒的に不足しているから。中・高の英語の授業や受験勉強で触れる英語の量は多くて延べ10万語。ペーパーバック1冊分の英語の量を6年間もかけてこなしている。これでは英語力が伸びないのも無理はありません。「多読」では、その約100倍の量を体にため込むことが可能です。絵本からやさしく始めて無理なく英語を大量に吸収することで、英語力がどんどん伸びるのです。【誰でもできる! 大量吸収のコツ=多読三原則】1 辞書は捨てる……辞書が必要のない本から始めます。2 分からないところは飛ばす……読書の妨げになるので飛ばします。3 自分に合わないと思ったら投げる……次に移って、合う本を探します。非常識!? でも、すでに1万人以上の方が効果を実感しています。本物の英語力が伸びるのでTOEICなどのスコアも自然に上がります。また、最新の「多読」は読むだけではありません。実践者の間での流行は「字幕なし多観」(映画やドラマを字幕なしでどんどん観ること)。普通の英語学習では不可能な質・量の英語の吸収を可能にする「多読」で、今度こそ、本当の英語力を身に付けませんか?【著者プロフィール】繁村 一義:NPO多言語多読理事。二十歳で英検3級に落ちたレベルから、多聴多読でTOEIC900点を超え、外国人ばかりのチームをリードできるようになった経験を生かし、エンジニアとして活躍するかたわら、各地で講演や指導を通して多読の普及に努める。NPO SSS英語多読研究会監事、日本英語多読学会監事。酒井 邦秀:NPO多言語多読理事長。元電気通信大学准教授。2002年、多読三原則に基づき絵本から始める多読を提唱し、以来、数千人以上に多読指導を行う。著書に『快読100万語! ペーパーバックへの道』(ちくま学芸文庫)、『教室で読む英語100万語』(共著、大修館書店)などがある。

続きを読む

レビュー

3.8
10
5
2
4
5
3
2
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/04/25Posted by ブクログ

    いろーんな英語の本読んだけど、結局コスパとしか言いようがない感がある。英語覚えるにはめっちゃ時間使うしかないのが結論(そりゃそうだ)。で
    も、そのリターンがどこで得られるのか考えた上でやるかやらないか...

    続きを読む
  • 2019/04/04Posted by ブクログ

    英語を上達させるには、「優しい本を数多く」。これがどうやら上達の近道らしい。勉強中だと、つい見栄を張ってややチャレンジングな本を選んでしまったりするのだけど、結果的にこれが英語を諦めるきっかけになった...

    続きを読む
  • 2019/02/17Posted by ブクログ

    多読おすすめ!!!おすすめ!!!って感じの本。自分の性格にはこの方法は合わないかなって思って読み進めましたが、後におすすめの教材が自分にとっていいものを見つけられたので高めの評価です。

もっと見る

セーフモード