政策至上主義(新潮新書)

石破茂

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「政治家の仕事は、勇気と真心をもって真実を語ることだ」――この言葉を座右の銘としてきた著者は、国会議員ができることは突き詰めて言えば一つだという。課題解決のプラン、すなわち政策を考え、実行していくことしかない、と。自立精神旺盛で、かつ持続的な発展を遂げられる国をつくる政策とは何か。政治家はどう国民と向き合い、それを語るべきなのか。ひたすら政策を磨き続けてきた政治家からの熱きメッセージ。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    8
    5
    2
    4
    3
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/08Posted by ブクログ

      表紙帯の石破さんの写真はあまりにもイカツイ顔だが、中身は極めて理路整然とされたこの国に対する政治的処方箋を綴られた新書である。
      政策が大事と声高に叫ぶ人は多いが、その内容を具体的に示す人は極めて稀であ...

      続きを読む
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      政治家の本は好感しかない
      ただ事後残念な結果になる『小沢主義』『美しい国』
      石破さんは逆の裏切りをしてほしい

    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      国会議員がすべきことは一つ。国を導くビジョンを提示し、そのビジョンに従い、国政上の個別の課題解決のためのプラン、すなわち現実的で実効性のある政策を練り上げ、実行していくこと。
      政治家の仕事は、勇気と真...

      続きを読む
    開く

    セーフモード