悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―(新潮新書)

浦久俊彦

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ニコロ・パガニーニ。全身黒ずくめの姿で繰り出す超絶技巧で人々を熱狂させた、空前絶後のヴァイオリニストである。「悪魔ブーム」をブランディングに用い、巨万の富を築いた守銭奴にして女好き。「無神論者」の烙印を押され、遺体となっても欧州をさまよった彼には、「幽霊となっても音楽を奏でている」との伝説も生まれた。十九世紀に鮮やかな刻印を残した「西洋音楽史のメフィストフェレス」、本邦初の伝記。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード