生きる~俳句がうまれる時~

小林凜

1,089円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    不登校の時間を支えたもの。著者の小林凜は現在高校2年生。凜は、小・中学校時代、壮絶ないじめにあい、学校にも守ってもらえず、ほとんどの時間を不登校で過ごした。そんな中、9歳の時「朝日俳壇」に初投稿、長谷川櫂氏の10句に選ばれる。その後も次々と入選を続け、11歳で出版した『ランドセル俳人の五・七・五』は、ベストセラーとなる。現在高校生として、はじめて学校生活を楽しむ日々を送っている凜は、本書で、孤独と向き合った小中学生の日々、家族に支えられ、動物たちに愛情を注いだ日々を描き出した。凜の感性を磨いた日々は11編のエッセイと79句になった。本書を読んで、子どもの不登校を見守る母親は「家族がこういうふうに接してあげればよいのだと知りました」という感想を寄せてくれた。凜を見いだした俳人の長谷川櫂氏は、巻末に「闘う人」というタイトルで寄稿し、こう評する。「孤立無援のただなかで凜君は俳句に出会い、俳句を作りつづけてきた。 これらの句は小さな動物、小さな植物を虐げるものへの 抗議と抵抗であることを忘れてはならない」。 子どもの心に寄り添うすべての人の心に響く1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード