【最新刊】悪玉伝【電子特典付き】

悪玉伝【電子特典付き】

お得

1冊

著者:朝井まかて

1,760円1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂の炭問屋・木津屋の主の吉兵衛は、稼業は番頭らに任せ、自らは放蕩の限りを尽くしてきた。そこへ実の兄・久佐衛門の訃報が伝えられる。実家である薪問屋・辰巳屋へ赴き、兄の葬儀の手筈を整える吉兵衛だったが、辰巳屋の大番頭・与兵衛や甥の乙之助に手を引くように迫られると、事態は辰巳屋の相続争いに発展する。上方で起こった相続争いの噂はやがて江戸に届き、将軍・徳川吉宗や寺社奉行・大岡越前守忠相の耳に入る一大事に。将軍までも巻き込んだ江戸時代最大の疑獄事件の結末は――。※電子書籍版特典として、2016年6月号小説野性時代に掲載されたインタビューがついています!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/27
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.6
    19
    5
    3
    4
    7
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/13Posted by ブクログ

      大坂の商家の相続争いが発展し、江戸で裁かれるに及ぶという大ごとになってしまった、“辰巳屋一件”が題材。

      12年程前に、松井今朝子さんの「辰巳屋疑獄」を読みましたが、そちらとはまた違った切り口での展開...

      続きを読む
    • 2019/09/27Posted by ブクログ

      浅学な私ゆえ辰巳屋騒動など知る由もなく上方の商家のボンボンの相続争いの冒頭はクッソ詰まらない物語にしか映らなかった。
      そんなことで出鼻をくじかれるものの巧みなペン捌きに徐々に引き込まれ真の面白さに気付...

      続きを読む
    • 2019/06/19Posted by ブクログ

      司馬遼太郎賞
      第22回受賞作!
      江戸時代最大級の贈収賄事件「辰巳屋騒動事件」を描いた大作が堂々の受賞!

    開く

    セーフモード