私が選ぶ名監督10人~采配に学ぶリーダーの心得~

野村克也

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    私は「監督の仕事、選手の育成とは、いかに自信をつけさせるか」に尽きると思う。ほめるのが一つの手段であるし、しかも「タイミング」が大切だ。そして、監督が使う言葉は、自分の意思を選手に伝達するための「武器」なのだ――捕手として3017試合、監督として3204試合。日本プロ野球の黎明とともに生を受けた「球史の生き証人」が選ぶ10人の名将たち。歴史をつくったリーダーに見る、部下育成、人心掌握、組織再生の真髄。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード