【最新刊】非情の女豹

非情の女豹

大藪春彦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小島恵美子、通称エミー。ラテン系の血を引き、漆黒の髪と燃えるような瞳、褐色の肌を持つとびきりの美女だ。性格は残酷かつ非情――。大学講師を務める彼女の裏の顔は、ある国際秘密組織のエース。仕事は、法の手の届かぬ大物たちへの復讐などを請け負うことだ。時に籠絡し、拷問し、殺し……莫大な報酬を手にするのだ。女処刑人の凄絶な活躍を描く傑作アクション!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/27
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/10/17Posted by ブクログ

      ★漆黒の髪と燃えるような瞳褐色の肌を持つとびきりの美女エミー

      『野獣死すべし』の伊達邦彦に『汚れた英雄』の北野昌夫、そして『獣たちの墓標』の西城秀夫と、大藪春彦の小説の主人公は、いつだって強靭な肉体...

      続きを読む
    • 2010/05/31Posted by ブクログ

      国際秘密組織の一員、エミー。この非情な美人ハンターが獲物を狙い、死刑を執行する。ラストシーンには伝説の男が現れ、次作への予感をも抱かせる。

    セーフモード