土方歳三事件簿4 妖刀村正。

潮美瑶/MBビジネス研究班

548円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)【書籍説明】京都守護職御預の新選組は、反幕運動を繰り広げる不逞浪士を取締り、王城の治安を維持するために日夜精勤していた。しかし、長州や土佐を中心とする浪士達の反幕活動は激化するばかりだった。不逞浪士達は「尊王攘夷」を主張するが、「公武一和」を願う親幕派の当今孝明天皇の御意志は全く無視していた。反幕の尊攘浪士は、秘かに「妖刀村正」を求めた。「村正」は代々徳川家に仇をなす刀剣で、妖しい魔力が秘められていた。村正は生贄の血を求める。村正を手にした者は人を斬らずにはいられない。村正を握れば、「剣技が冴えわたり、どんな相手でも斬れる」という。反幕浪士の一人が村正を手に入れ、親幕派の公卿や幕府要人を斬殺した。しかも、妖刀村正の犠牲者は新選組隊士から京の町衆にまで及んだ。都の人々は恐怖に慄いた。新選組副長土方歳三は、村正を遣う殺人狂の剣士の探索に奔走した。長州藩士桂小五郎も村正の狂騒を座視できなくなった。殺人剣村正を止めるため、ついに桂は土方歳三に協力を求めた。はたして、土方歳三は村正の暴走を止めることができるのか?【目次】待ち伏せ村正神童見廻組桂小五郎取引裏切り妖刀生贄臆病者変貌殺人剣紙屋川… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード