文系のための工作機械入門。米国工作機械の興亡と日本工作機械の現状。

姉崎慶三郎/MBビジネス研究班

430円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)【書籍説明】数学が苦手だったので、経済学部を専攻すれば、講義は毎日微分積分ばかり。工学系の知識がないので、営業職を希望すると、仕事は機械の知識が不可欠で、相手は理系ばかり。このような人いませんか。高校・大学では文系だったので、会社では、営業職や、経理、企画、購買などの部門を選択したのに、仕事では工作機械の知識がないと話がすすまないありさま。工作機械の知識がもう少しあれば、仕事がもっと進むと思っているあなた。本書は、このような工作機械の知識で悩んでいる文系の人のための工作機械の入門書です。今まで図面の読み方も知らなければ、金属材料の知識もないし、まして金属材料の加工の知識もない、多くの文系の方を対象として、工作機械やその周辺知識をできるだけわかりやすく解説したいと思います。設定として、機械装置メーカーABC株式会社の会議室に、勉強熱心な希望者が集まっている設定です。講師はABC株式会社の輸出入の担当者Aさん。会議室には、すでに多くの文系受講者が集まっています。さあ講師の登場です!【目次】1.機械加工のながれ2.旋盤とは3.フライス盤とは4.研削盤とは5.旋盤・フライス・研削盤以外にどんな工作機械があるか6.工作機械工場を見るコツ7.日本と世界の工作機械市場8.アメリカの工作機械の興亡と日本の工作機械生産の現状【著者紹介】姉崎… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード