武術の科学

吉福康郎

1,080円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「二刀流」は力学的にどれくらい有効なのか?【おかげさまで4刷!】【スポーツ・バイオメカニクスの第一人者、吉福康郎氏が、さまざまな「武術の技」を科学的に分析して、1冊の本にまとめました!】武術は戦場で自分の身を守り、敵を倒すための戦闘術として発展してきました。そのため、競技者の安全を確保するためにルールが整備されている格闘技とは異なり、きわめて実戦的な技をもっています。武術の技は合理的でムダがありませんが、命のやり取りをする戦場では、いかに速く、いかに確実に敵を無力化できるかが重要だからです。本書では、さまざまな武術の技を力学、解剖学、認知心理学の観点から解説していきます。【この本の内容(一部)】●スポーツ的な格闘技と実戦武術はどう違う?●スポーツ的格闘技よりも武術は強い?●ジークンドーは貫手を多用するようだけどなぜ?●打たれ強い体になる武術独特の方法は?●実際の真剣勝負ってどんなものなの?●時代劇の峰打ちのシーンは本当にやることなの?●刀で相手の刀を打ち払うときのコツは?●斬り込んできた刀を柔らかく受け流す方法は?●二刀流はどれくらい力学的に有効なの?●薩摩に伝わる「薬丸自顕流」の威力の謎を教えて●日本刀の反りと刃筋との関係は?●日本刀で物体を斬ったときの手応えと斬れ味は?●棒、刀、槍の威力はなにがどう違う?●実際の矢の威力はどれくらいだった?●武術でいう「最速最短の動き」とは?●「影抜き」という不思議な剣の技はなに?

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード