【最新刊】地図の科学

地図の科学

1冊

山岡光治

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「地図」を見たことがない人はおそらくいないでしょう。でも、地図をつくるときに数学や物理が欠かせないことをご存じでしょうか? 本書では地図のキホンから、さまざまな地図の解説、地図の読み方、地図をつくるための技術まで解説していきます。

    続きを読む
    ページ数
    243ページ
    提供開始日
    2018/07/25
    連載誌/レーベル
    サイエンス・アイ新書

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/25Posted by ブクログ

      仕事で、いわゆるデジタル地図(高精細地図)に関わってるので、参考までに呼んだ本。
      そもそも目的が違うので、得られた有益情報はないに等しいが、まぁ想定内。
      射影に絶対の正解はない、と言う点で改めて認識の...

      続きを読む
    • 2017/07/16Posted by ブクログ

      所々、専門的で分かりにくいところもあったが、普段何気なく使っている地図が多くの努力と工夫で作られているのが伝わった。

    • 2017/05/26Posted by ブクログ

       古今東西、地図の作り方について。

       伊能忠敬はどうやって地図を作ったのか。
       正確な距離測定と、北との角度を測り、現在地を点にして結んでいった。
       さらに次の点では南との角度も計り誤りを極力少なく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード