格闘技の科学

吉福康郎

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。さまざまな格闘技で繰り出す技は、力学や解剖学の観点から見ると大変合理的で、いわゆる「力技」とは一線を画します。本書では、さまざまな格闘技の技を科学的に分析し、その威力の秘密に迫ります。空手の「突き」とボクシングの「ストレート」の違い、わかりますか?【スポーツ・バイオメカニクスの第一人者、吉福康郎氏が、さまざまな「格闘技の技」を科学的に分析して、1冊の本にまとめました!】「空手の突きとボクシングのストレートの違いは?」「空手の前蹴りとムエタイの前蹴りの違いは?」「なぜ体の小さな柔道選手が大きな相手を投げ飛ばせるの?」こんな疑問をもったことはありませんか? 本書では、さまざまな格闘技の技を分析し、その威力の秘密に迫ります。【この本の内容(一部)】●拳が速いほどパンチの衝撃力は増えるの?●ストレート・前蹴り・フックに比べて回し蹴りがよけにくいのはなぜ?●頭突きの威力はどのようなもの?●パンチが当たる瞬間、拳を固く握りしめる意味はなに?●グローブ使用でも安全とはいえないって本当?●レスリング出身の選手は、アッパーなど突き上げるパンチが強い?●回し蹴りは「足が胸から生えているつもりで蹴る」と聞いたがどういう意味?●伝統空手の前蹴りとムエタイの前蹴りはどう違うの?●首相撲からひざ蹴りへの攻撃に対処する方法はあるの?●打撃技につかみを入れると有利になる?●腕ひしぎ十字固めは、一度極まるとなぜ逃げられないの?●柔道の技に対抗するにはどうしたらよい?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード