【最新刊】新潟の怖い話

新潟の怖い話

1冊

著:寺井広樹 著:とよしま亜紀

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    駒ヶ岳、八海山、国府川越後の山河にまつわりし奇譚集妙高山の「闇」は、どこまでも付いてくる!【内容紹介】●黒い森(東蒲原郡阿賀町)夏休みを利用して、妻の故郷へ出かけた会社員。インターネットで知った情報を元に向かった森でうごめいていたのは、人でも動物でもない「ナニカ」だった!●賽の河原(新潟市)子供を流産し、希望を失った女性が向かった先は、あの世とこの世のはざまと言われる場所。子供たちが見た彼女の姿は「鬼」だったのだろうか……●花火(長岡市)新潟旅行に出かけた女性は、一人の青年から花火大会を観ることを勧められる。花火の轟音と共に、会場に姿を現した青年はこの世のものではなかった。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/25
    出版社
    TOブックス
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード