脳が壊れるII その十四

橋本克彦

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    現地取材と綿密な調査でこの国の農業の壊れていく様を描いたノンフィクションの第2弾。全国で繰り広げられてきた干拓事業は、ただ工事が欲しいためだけに、すり替えや根拠の突然の変更が行われてきたことを、長崎県諫早湾の干拓事業を例にとり立証していく。日本の農業を壊滅させたのは誰か。今こそ筆者の声に耳を傾けるべきときである ●安曇野に農を守る

    続きを読む
    • 農が壊れるII 全 15 巻

      未購入巻をまとめて購入

      農が壊れるII 全 15 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード