我が家のヒミツ

奥田英朗

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚して数年。自分たちには子どもができないようだと気づいた歯科受付の敦美。ある日、勤務先に憧れの人が来院し…(「虫歯とピアニスト」)。ずっと競い合っていた同期のライバル。53歳で彼との昇進レースに敗れ、人生を見つめ直し…(「正雄の秋」)。16歳の誕生日を機に、アンナは実の父親に会いに行くが…(「アンナの十二月」)。など、全6編を収録。読後に心が晴れわたる家族小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      最近、母を亡くした。
      わたしは20代で、あと30年は一緒にいられると
      何の疑いもなく思っていた。
      本当に突然のことだった。
      落ち込むわたしに恋人が「何か救いになるかも」と
      収録されている""手紙に乗せ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ


      2019.4〜2019.8.4 読了

      仕事で通勤時間が長くなり、本でも読もうと本屋で手に取ったのが購入のきっかけ。自分が4月に結婚をし、家族というものに興味が出てきた。

      ここに出てくる家族、主人...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      どれも印象に残っている短編が多い。
      虫歯とピアニストは旦那さん超かっこよかった。王道だけど、こういうのはうれしいよね。
      正雄の秋も◎。どうオチつけるのかなって残り数ページ不安だったんだけど、満足。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001908001","price":"572"}]

    セーフモード