東大ゴルフ部が実践! ゴルフを科学する

井上 透

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。成田美寿々らを指導するプロコーチでありながら、東大ゴルフ部監督を務める井上透の東大式ゴルフ第2弾成田美寿々、穴井詩らを指導するプロコーチでありながら、東京大学のゴルフ部監督を務める井上透による、東大式ゴルフシリーズ。第1弾は、ゴルフ経験もない、運動神経もない弱小集団が初優勝するまでのゴルフ術を、そして第2弾である今回はずばり"ゴルフを科学する"。「うまくなりたいと思っているゴルファーの多くは、なぜ自分が下手なのかがわかりません。だからその部分を明確にすべき。そこで必要となるのが、上手い人との違いをその目で見て、自分の姿を認識することです。これは東大ゴルフ部の全員がやっていることで、この本の大きな目的でもあります。効率よく目標を達成するには科学の力を借りるのが有効です」(井上透)序章 東大ゴルフ部の科学的アプローチ 第1章 科学が証明した「常識のウソ」第2章 「ナイスショットの正対」科学で解き明かす 第3章 スイングとミスの因果関係を科学する 第4章 スイングにおける「個性」を科学する井上 透(いのうえとおる):1973年生まれ。1994年、法政大学を自主退学後ゴルフ武者修行のため渡米し、アメリカでゴルフ理論を学ぶ。1997年、アメリカのゴルフスクールにてプロ志願者を指導する。1998年、米山プロ、杉本プロのコーチングを始める。2001年春までの3年間は中嶋常幸プロとコーチ契約。2002年、ジュニアスクール開設。トップアマのコーチを始める。2004年、佐藤信人プロ、米山剛プロ、加瀬秀樹プロ、今井プロ、兼本プロをはじめ14名と契約を交わす。現在、女子プロで実力がトップクラスの成田美寿々プロのコーチでも有名。現在はジュニア育成に尽力し、国際ジュニア育成協会の理事長を務める。また早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に入学し研究を進め、「韓国におけるプロゴルファーの強化・育成に関する研究」にて最優秀論文賞を獲得した。現在、都内、神奈川県内に5か所あるTRUE GOLF ACADEMYの代表をつとめながら、東京大学ゴルフ部のコーチをしている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード