私ひとりの私

石川達三

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    人間は孤独の中に生き、孤独の中で死んでいく……。石川文学の底を流れる〈人間の孤独感〉は、母親の死を契機に、他人の飯を喰う境遇につきおとされた主人公の幼い心に早くも芽生える……。自我に目覚めはじめる少年期の多感な心の軌跡を、透徹した眼でつづった長編小説文芸春秋読者賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/07/01Posted by ブクログ

      私小説。
      黒溝台、広瀬中尉の話題や、大楠公、乃木大将の歌など、日露戦争の影響がつよくある時代での生活や思想が窺える。

      ……戦時中は「生きている兵隊」の作者として国賊視され、戦後になると、今度はアメリ...

      続きを読む

    セーフモード