首斬り朝【合冊版】 6巻

完結

画:小島剛夕 作:小池一夫

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

※本作は、「首斬り朝」(全12巻・スタジオ・シップ刊)を底本とした合冊版になります。首打ち場に引き出された大工の藤兵衛は、刃物を扱う職人として、その技にこだわりや誇りを持つ男だった。そのため、自分の首を斬る人物の技量を死ぬ前に確認したい、と朝右衛門に申し出たが、朝右衛門は断った。不満顔になった藤兵衛は、断られた理由を聞くと表情を変えて…。──名作の完結巻。物語の最後に「首斬り朝」が斬る男は誰か…?

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード