東京結合人間

著者:白井智之

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    一切嘘がつけない結合人間=”オネストマン”だけが集う孤島で、殺人事件が起きた。容疑者たちは“嘘がつけない”はずだが、なぜか全員が犯行を否定。紛れ込んだ”嘘つき”はだれなのか――。

    続きを読む

    レビュー

    1.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/10/01Posted by ブクログ

      最後までよくわからないまま終わりました。
      わたしの理解力が及ばないので、申し訳ない。

      2部構成?なんですが、後半の代わる代わる出てくる謎解きの講釈の理解が追い付かなくて、言葉読んでるだけで終わってし...

      続きを読む
    • 2018/08/20Posted by ブクログ

      帯に本格ミステリとあったけど、これは本格ミステリではないだろう‥
      あのトリックのために、設定のための設定の連鎖で、設定を理解させるためにリソースを割きすぎた感が否めない。結果肝心のトリックも犯人も動機...

      続きを読む
    • 2018/08/12Posted by ブクログ

      確か本書がデビュー2作目になるんだったかな?
      デビュー作と本書と、2冊で独自ジャンルを築いたような気がする。好みが別れそうな作風を貫いて欲しい。

    開く

    セーフモード