【最新刊】沃野の刑事

焦土の刑事

3冊

堂場瞬一

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    富む日本、惑う警察。この国は、守る価値があるのか――。1970年。大阪万博を控え、高度経済成長で沸き立つ日本。捜査一課と公安一課を対立させたある事件以降、袂を分かった刑事の高峰と公安の海老沢は、それぞれ理事官に出世し、国と市民を守ってきた。だが、かつてふたりの親友だった週刊誌編集長の息子の自殺をきっかけに、再び互いの線が交わっていく。単なる自殺と思われたが、独自に調べを進めるうち、日本全土を揺るがすスキャンダルの存在が、徐々に明るみに出る。尊重すべきは国家なのか、それとも名もなき個人なのか。「警察の正義」を巡り、苦悩してきた高峰と海老沢の答えは――。戦後警察の光と闇を炙り出す一大叙事詩、待望の第三幕!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/19
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 焦土の刑事 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      焦土の刑事 全 3 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    3.3
    13
    5
    0
    4
    6
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/08Posted by ブクログ

      ん〜〜時代背景が古いと言うか、私自身が学生運動とかあまり興味がないからなのか。前作もあるみたいだけど多分読まないかも。まあ、何か都合の悪い事があると秘書やらの自殺でうやむやになるのは昔も今も変わらない...

      続きを読む
    • 2020/01/13Posted by ブクログ

      読んでいるうちに前作の記憶が蘇ってきた。次回は警察官の締めくくりのステージが舞台になるのか、はたまた次世代に引き継がれるのか?それぞれの時代背景のなかで主人公たちが奮闘するのはスリルがある。

    • 2019/12/24Posted by ブクログ

      144戦後の混乱は比較的圧縮されている気がするけど、なんにせよ、バブル期まで書いて欲しいなあ。頑張って!

    開く

    セーフモード