一億円のさようなら

著:白石一文

1,846円(税込)
ポイント 18pt

通常ポイント:18pt

加能鉄平は妻・夏代の驚きの秘密を知る。今から30年前、夏代は伯母の巨額の遺産を相続、そしてそれは今日まで手つかずのまま無利息口座に預けられているというのだ。結婚して20年。なぜ妻はひた隠しにしていたのか。そこから日常が静かに狂いはじめていく。もう誰も信じられない――。鉄平はひとつの決断をする。人生を取り戻すための大きな決断を。夫婦とは?お金とは?仕事とは? 今を生き抜く大人達に贈る、極上の娯楽小説!

続きを読む

レビュー

3.8
29
5
8
4
11
3
8
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/09Posted by ブクログ

    面白くて一気に読んじゃったんだけどさ、んー、何だかなぁ。サラリーマンの?中年おじさんの?夢物語って感じ。
    易々と手に入れた新しい生活と事業の成功。そして離れていても自分を愛してくれる美しい妻。んで、ラ...

    続きを読む
  • 2019/05/25Posted by ブクログ

    1億円という金額はどのくらいのものなのか。
    5000万円のマンションなら2軒買える。300万円の車なら33台。仕事では目にしたことのある金額でも自分の財産となるとその価値をいくら想像してもピンとこない...

    続きを読む
  • 2019/05/23Posted by ブクログ

    金沢に行きたくなった。情景が浮かんでくる。
    いつも、どの作品を読んでも心に残る言葉が多い。
    小説の内容そのものよりも、作品を読んでじわじわと心に残っていく空気感や人を個で捉える哲学的なところが肌に合う...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード