マトリョーシカ・ブラッド

著:呉勝浩

1,782円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    神奈川県警に匿名の電話があり、夜勤の彦坂刑事は陣馬山に駆けつけた。五年前に失踪した男の遺体が山中から発見される。白骨化した遺体の傍らにはマトリョーシカが埋められ、透明の液体の入った瓶が入っていた。被害者は5年前、新薬の副作用で患者を死亡させたと糾弾されていた大病院の元内科部長・香取だった。そして第二の殺人事件の現場にもマトリョーシカが。その意味は?白い衝動』で第20回大藪春彦賞を受賞した著者が贈る、書下し警察小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    9
    5
    0
    4
    2
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/03/10Posted by ブクログ

      匿名の電話により山中に死体が発見される。傍らにはマトリョーシカ。被害者は、5年前に行方不明となっていた男性、神奈川県警刑事はその男性を知っていた。隠蔽した事件の男だったのだ。警視庁、県警、そして組織の...

      続きを読む
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      20190112-4伏線がややこしいけど、最後で真相が犯人から語られるのはどうかと。最期の決着まで読みたかった。

    開く

    セーフモード