山岳王―望月将悟

著者:松田珠子

1,123円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

購入へ進む

カゴに追加

究極の山岳レース・トランスジャパンアルプスレースを4連覇した山男・望月将悟。消防士で山岳救助隊員、山でめっぽう強く、気はやさしくて謙虚。誰もが好きになり、応援したくなる。そんな望月の秘密を、多くのエピソードから解き明かす。2年に一度開催される、日本一過酷な山岳レース「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」を、2010年、12年、14年、16年と4連覇中の望月将悟を取り上げる初の書籍。16年にはTJAR史上初となる、5日以内ゴールを達成した。望月は静岡市消防局の山岳救助隊員。山でめっぽう強いのに、気はやさしくて謙虚。登山者からもトレイルランナーからも、誰もが好きになり応援したくなる山男。それが望月将悟だ。本人や家族、周辺を取材し、望月の山での強さの秘密を解き明かし、遭難救助の現場から登山界に訴えたいことまで、望月の人となりがわかる一冊。TJAR創設者・岩瀬幹生との対談もあり。目次序章:2016年8月11日第1章:誕生~高校時代第2章:国体山岳競技第3章:トレイルランニングでの飛躍第4章:2010年、TJARへの初挑戦第5章:TJAR2012、追われるプレッシャーのなかで第6章:TJAR2014、台風直撃のレース第7章:海外レースへの挑戦第8章:TJAR2016、前人未到の4連覇第9章:山岳救助隊として第10章:「AROUND SHIZUOKA ZERO」への挑戦、これからコラム・TJARの成り立ち、岩瀬幹生の挑戦・対談:望月将悟×岩瀬幹生・望月将悟を語る 父・望月正人さん/妻・望月千登勢さん/阪田啓一郎さん/紺野裕一さん/藤川孝信さん/土本章さん/畑中渉さん/松本真由美さん/谷 允弥さん

続きを読む

レビュー

3.7
4
5
1
4
1
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/24Posted by ブクログ

    望月ファンなので星多め。
    トレランのノウ・ハウとかがあるわけじゃないんで、そういうのに期待して買う本じゃないです。わかると思いますが。

  • 2019/01/16Posted by ブクログ

    モッチーの全てが分かる本。近親者、友人が語るモッチーについてが興味深かった。特に奥さんが語るモッチーの人柄が良かった。ほんとうにモッチーと呼ばれているかは知らない。

  • 2018/10/20Posted by ブクログ

    本当に山が好きなんだなと感じさせられる。アスリートやランナーと言うよりは生粋の山ヤ。みんなに愛されるキャラクターでありながら強い。こういう人には魅力的な人達が吸い寄せられる。

もっと見る

セーフモード