アドバイスかと思ったら呪いだった。

著:犬山紙子 画:黒猫まな子

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「仕事ばかりしてると婚期逃すよ」「早く彼氏つくらないとね」「家庭にずっといるなんてつまらなくない?」……一見アドバイスに見えても、相手の事情も汲まずに上から自分の考えを押しつける行為は、“呪い”化することが多々ある。 読者が受けた呪いの実例を集め、仕組みを解説し、言い返しフレーズを考案。 「余計なことを言ってくる人に一体どう対応すればよいのか?」を徹底研究した、愉快爽快毒出しエッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/22Posted by ブクログ

      親切なアドバイスかと思いきや、呪いの言葉になるクソバイスとその切り返し案をまとめた本。
      まずクソバイスというネーミングに共感。
      そして切り返し。。
      練習あるのみ。

    • 2019/05/11Posted by ブクログ

      みんなが1度はされる側、する側で経験したことがある内容で、振り返るきっかけになる本。
      みんなの不満を叩き蹴り、悩んでることが馬鹿馬鹿しいと思わせられるほどあっけからんとしていて好き。

    • 2019/02/23Posted by ブクログ

      個人的解釈では、「人には良く考えてからアドバイスしようぜ!」ということをテーマにした、通勤電車の中でサクッと読み切れるエッセイです。

      「確かに、こういうアドバイスしてくる人やだな~!」と思うエピソー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード