トヨタ 生存の条件―週刊東洋経済eビジネス新書No.258

編:週刊東洋経済編集部

432円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

IT企業がなだれ込み、自動車ビジネスの激変は必至だ。「生きるか死ぬかの戦いが始まっている」として、グループの総力結集と連携強化に動きだしたトヨタ。豊田章男社長は巨艦をどこへ導くのか。自動車会社の競争力の源泉だったエンジンを中心とするハードウエアの高性能化を競う構図は崩れ、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)と呼ばれる移動の快適性や利便性の差別化に移る。キーワードは「EV」、「コネクティッド」、「シェアリング」、「AIソフト」。EVの基盤技術開発を国内メーカー連合での取り組み、パナソニックやライドシェアのグラブとの提携など全方位の様相だ。米中のIT巨人もサービスプラットフォーマーとしての覇権を狙っている。100年に一度、海図なき戦いにトヨタはどう挑むのか。本誌は『週刊東洋経済』2018年3月10日号掲載の28ページ分を電子化したものです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード