心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ

海保博之

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    誰もがブログやSNSで表現者となっている時代。表現することの大切さと難しさを痛感している人も多いはずです。本書では、表現することを、どうしたらわかりやすく伝えられるのか、著者みずから名付けた「認知表現学」をもとに系統立てて解説します。あふれる情報のなか、自分の発信するものをどうしたら読んでもらえるか、聞いてもらえるかが見えてきます。1988年刊の著書『こうすればわかりやすい表現』新装版。

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    9
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/02/25Posted by ブクログ

      無邪気に「わからなかった」とか言っちゃいけない本。自分のレベルが達していないだけ、と自白するようなもの(かも)。
      認知心理学の視点で「わかる」とは何かを初歩から解説しているのは丁寧だけどまだるっこしい...

      続きを読む
    • 2019/02/08Posted by ブクログ

      どうすればよいのかをポンッと提示している
      よくあるハウトゥー本とは違った。

      認知心理学に基づき
      なぜそうすべきなのかを解説している。

      新鮮なアプローチだがよい表現者になるには
      理論、実践、評価を繰...

      続きを読む
    • 2019/01/26Posted by ブクログ

      献本です。楽しみにしてた。

      けど、

      読んでもよくわからない。
      頭悪い人間にも、わかりやすく書いてほしい。

      気軽に読むより、その道すすむひとが
      知識の一冊として、積んどくかんじ。
      ポンコツ脳には、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード