「右翼」の戦後史

安田浩一

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

戦前右翼、反米から親米への転換、政治や暴力組織との融合、新右翼、宗教右派、そしてネット右翼・・・。戦後右翼の変遷をたどる。

続きを読む

レビュー

3.8
6
5
1
4
4
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/01Posted by ブクログ

    ネトウヨという言葉が一般化している現在,右翼とはなんでしょうかという問いに歴史的な経緯から答えようという試み.
    黒い街宣車以外だと赤尾敏か野村秋介くらいしか知らんかったが,左翼組織が分裂を繰り返したよ...

    続きを読む
  • 2019/04/17Posted by ブクログ

    雑誌記者が右翼団体について纏めた本。右翼に分類される小団体の動向を、取材をもとに紹介している。学術的ではなく右翼そのものの研究が浅い。親族の話や一部の噂の部類を根拠にしている点があり、右翼についての説...

    続きを読む
  • 2019/03/19Posted by ブクログ

    戦前右翼(血盟団など)
    → 2.26事件で衰退
    →政府に協力(体制翼賛)
    →戦争終わる
    →戦後、一部は敗戦認めず過激な行動に走る。他は米軍の制裁を受け衰退
    →レッドパージと共に、戦後右翼がたくさん出て...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード