小さな家のローラ

ローラ・インガルス・ワイルダー/安野 光雅

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    世界 40カ国以上で翻訳、全米4100万部超のベストセラー不朽の名作ドラマ『大草原の小さな家』の原作を、安野光雅が絵本に描きおろし。日本でも大ヒットしたアメリカのテレビドラマ・シリーズ『大草原の小さな家』の原作「大きな森の小さな家」を、安野光雅の絵と訳で描きおろし。緻密な描写と遊び心あふれる美しい絵と、わかりやすく親しみやすい日本語訳で、アメリカの西部開拓時代を生きた家族の、温かく力強い暮らしを忠実に描く。「文化が違っても、暮らしの本質は変わらない。いろんな場所で、いろんな人が生活している。そこには人間のドラマがある。そういう人の暮らしを描き、絵からなにかを感じ、考えてほしい。(安野光雅)」──愛と思いやりと道徳心、不屈の開拓者精神が満ちあふれ、自然との共存、理想的な家族像は、世界のどの地域の、どの時代にも通ずる普遍的なものであることを優しく物語る。著者についてローラ・インガルス・ワイルダー (Laura Ingalls Wilder) 1867年、アメリカ北部のウィスコンシン州に生まれる。1932年、西部開拓時代の体験をもとにした自伝的小説、『大きな森の小さな家』を発表。『大草原の小さな家』『プラム・クリークの土手で』などとあわせ、「小さな家シリーズ」として世界中で読まれてきた。テレビドラマの「大草原の小さな家」は、このシリーズをもとにしている。1957年、90歳で亡くなる。【絵・監訳】 安野光雅1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年、紫綬褒章、2008年、菊池寛賞、他を受賞。2012年、文化功労者に選ばれる。主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『故郷へ帰る道』(岩波書店)、『絵の教室』(中央公論新社)、『絵のある自伝』(文藝春秋)、『本を読む』(山川出版社)などがある。2001年、津和野町に「安野光雅美術館」が開館。2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード