日本の運命 暗黒の30年がやってくる

著:浅井隆

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2010年7月の参議院選挙で、与党・民主党の菅首相は、なぜわざわざ国民の嫌気を買うこと必然の「消費税率の上昇」に触れなければならなかったのか? それは、日本の財政が、国民が考えているよりはるかに厳しく、もはや、「まったなし」の状況まで追い込まれているからである。800兆円を超える赤字国債発行額は、世界第一位だ。そして、新興国の台頭により、あまり望めない経済成長。それどころか、福祉や年金に負担が増し、ますます政府の借金は増えるばかり。はっきり言って、明るい見通しなど全く描けないのが日本経済の真実なのだ。日本は、近未来に財政破綻する。その状況を詳述し、それに日本人としていかに備えるかを、わかりやすく説いたのが本書である。どんなことがあっても生き残るためのヒントが詰まった一冊である。

    続きを読む

    レビュー

    2.3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/02/20Posted by ブクログ

      2010年11月10日
      半年~1年くらい先を本​を視野に作っている感じ。
      書いて​いることは、その時、その時の説明としては、
      当たってい​るけど、まぁ、そういうことかな。”

    • 2010/09/11Posted by ブクログ

      本当に破綻するんだろうか。
      でも、これだけの借金があるって、普通に考えたらおかしいよな。
      どれだけ、経済成長による収入増を見込んでいるのか、それを考慮しないといけないか判らないけど、やっぱり、、異常だ...

      続きを読む
    • 2010/07/30Posted by ブクログ

      ※酷評注意。。。
      最近は三橋貴明さんの本で「日本経済安全」という立場の本しか読んでなかったので、フェアじゃないと思って購入、読んでみたのですが…。
      う~ん、なんか内容が浅く感じる。不安を煽るだけ煽って...

      続きを読む

    セーフモード