物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで

桜田美津夫 著

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    16世紀、スペイン王権との戦いから「低地諸州」(ネーデルランデン)北部のオランダは独立する。商機を求めてアジアや新大陸へ進出。いわゆる大航海時代に新教徒中心の共和国は、世界でも最有力の国家となった。 だが、四次にわたる英蘭戦争、フランス革命の余波により没落し、併合の憂き目に遭う。ナポレオン失脚後は王国として復活し、自由主義的な改革を実践していく。 20世紀以降は、寛容を貴ぶ先進国として異彩を放つ偉大な「小国」となった。 本書は、大航海時代から現代まで、人物を中心に政治、経済、絵画、日本との交流などを描く。     目 次第1章 反スペインと低地諸州の結集―16世紀後半第2章 共和国の黄金時代―17世紀第3章 英仏との戦争、国制の変転―17世紀後半~19世紀初頭第4章 オランダ人の海外進出と日本第5章 ナポレオン失脚後の王国成立―19世紀前半第6章 母と娘、二つの世界大戦―19世紀後半~1945年第7章 オランダ再生へ―1945年~21世紀以上

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード