【最新刊】定年後 50歳からの生き方、終わり方

定年後 50歳からの生き方、終わり方

楠木新 著

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【目次】●プロローグ 人生は後半戦が勝負 経済的な余裕だけでは足りない/終わりよければすべてよし……ほか●第1章 全員が合格点 定年退職日は一大イベント/定年退職か、雇用延長か/隠居と定年の相違点……ほか●第2章 イキイキした人は2割未満? 名前を呼ばれるのは病院だけ/クレーマーは元管理職が多い?/米国の定年退職者も大変……ほか●第3章 亭主元気で留守がいい 日本人男性は世界一孤独?/名刺の重み/主人在宅ストレス症候群……ほか●第4章 「黄金の15年」を輝かせるために 会社員人生の2つの通過儀礼/8万時間の自由、不自由/一区切りつくまで3年……ほか●第5章 社会とどうつながるか ハローワークで相談すると/得意なことに軸足を移す/100歳を越えても現役……ほか●第6章 居場所を探す 自ら会合を起ち上げる/同窓会の効用/家族はつらいよ?……ほか●第7章 「死」から逆算してみる お金だけでは解決できない/死者を想うエネルギー/「良い顔」で死ぬために生きている……ほか

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/13
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2017/12/13Posted by ブクログ

      仏典には「臨終(死)について学んでから、他の事を学ぶべきだ」とあるという。

      著者は、大学院卒業後生命保険会社に勤務し、定年を迎えた後この本を出版した。
      人生の折り返し点を過ぎたら、「死」から逆算して...

      続きを読む
    • 2017/09/30Posted by ブクログ

      日本のサラリーマンのほとんどは60歳で定年を迎える。それは通勤して、仕事をして、社内外の人間との交流をするという規則正しい生活から切り離されるということだ。60歳になって、全く新しい生活がはじまる。し...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      60歳の定年までまだ7年あるが、最近、50歳を過ぎたあたりから定年後のことが気になりだした。

      この本は、特にサラリーマンの男性をターゲットに書かれたもので、自分は当てはまる。
      長年組織に守られて生き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード