【最新刊】人口減少時代の都市 成熟型のまちづくりへ

人口減少時代の都市 成熟型のまちづくりへ

1冊

諸富徹 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人口減少と高齢化、低成長に直面する日本。だが本当の危機はこれからやって来る。上下水道や交通ネットワークといった身近な公共インフラの維持・更新、空き家問題への対策などには膨大な費用がかかるが、自治体は破産寸前だ。本書ではこの危機を逆に「住みよい都市」実現のチャンスととらえる。投資と効率性の視点から地域内の所得と雇用、独自の財源をもたらす都市経営のあり方とは。発展を続けるための戦略を示す。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/13
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3.8
    8
    5
    1
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/16Posted by ブクログ

      読書会の課題図書。
      都市経営の在り方について戦前から現代までのさまざまな事例を紹介。
      公共施設やインフラの老朽化、郊外の空き家問題、駅前を中心としたまちづくりなどの課題にどう取り組むべきか。
      自分たち...

      続きを読む
    • 2019/10/10Posted by ブクログ

      現在の日本の自治体が直面している問題がわかるいい本でした。その問題に対する解決策や意見などが書かれていて非常に勉強になりました。

    • 2019/06/07Posted by ブクログ

      人口減少を迎える日本。それは都市の縮小を意味する。
      この避けられない自体でどのように都市は適応すべきか?をといた本。

      まず著者は人口減少の本格化を以下のように記述。

      「日本社会はこれから少子高齢化...

      続きを読む
    開く

    セーフモード