掟上今日子の推薦文(文庫版)

西尾維新

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二億円の絵が一夜にして二百万円に急落。鑑定人は、忘却探偵・掟上今日子。しかし、絵がすり替えられた形跡もなければ、今日子さんには記憶もない。美術館警備員・守の依頼を受けて看破した真相は、さらなるアートな難事件を巻き起こす! 彼女と過ごす時間はいつだって最初で最後。「忘却探偵シリーズ」第2巻。(同一内容の単行本版も配信中)

    続きを読む
    • 忘却探偵(文庫版) 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      忘却探偵(文庫版) 全 5 巻

      3,850円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/23Posted by ブクログ

      ------------------------
      今日子さんには、今日しかない。
      (中略)
      つまり、今日子さんは眠ったときに、記憶を失うのだ。
      それは純粋な睡眠だけに限らず、失神や気絶といった意識喪失...

      続きを読む
    • 2020/01/20Posted by ブクログ

      忘却探偵シリーズ第4弾。
      第1作の「備忘録」で登場して以来、ご無沙汰していた隠館厄介くんが登場したのが嬉しい。と喜ぶ間もなく、彼はビルの屋上から飛び降りた女子中学生に直撃され、一週間生死の境をさまよっ...

      続きを読む
    • 2018/08/08Posted by ブクログ

      西尾作品は物語シリーズを除いてあらかた読んでいるのですが、中でも忘却探偵はドラマが面白かったので、文庫化を心待ちにしていました。
      本作は会話以外は西尾作品っぽくない文体で、普段苦手としている方も読みや...

      続きを読む
    開く

    セーフモード